ビブリア3
2012-06-24 (日) | 編集 |
ビブリア3を購入

一気読みする。

ビブリア1の時のような、ドキドキわくわく感は薄れているものの、
まぁまぁ楽しかった。
こういう展開になるだろうなぁという予想どんぴしゃでした。
この冬に4が出るみたいで、続いていくようです。

ビブリアを読んでよかったことは、
知らない名作に出会えること。
せどり男爵数奇たんは、だんだんと怖くなっていくのだけれど、かなりおもしろかった。
本を通じて、本に出会っていけるのはいい。

風邪ひいてます。
なおらない。
治りそう!だと思ったら、子供がぐずって徹夜、ぶり返しとかいう感じ。

仮面ライダーそろそろ終盤が近づいてきているのかとか残念。

鎌倉の八幡宮さんにある大銀杏。
本当に神やどる大木という感じで、感動したあの銀杏。
歴史の本を読んでいたら、その銀杏で待ち伏せして・・・とか書いてあった。
あーびっくり。
歴史が身近にあったりすると感動します。


夜にコンビニ行ってたら、途中ででっかい猫に会う。
のそのそ逃げている様を見ていたら、
いや、あれ猫じゃないよ!!
いたち??
こんな都会にいるのだね。
これもまたびっくり。